NPOたきどぅん設立の理念

 本来竹富島では、自然環境、美しい町並みや耕作地、芸能、古謡、織物、祭事など様々な文化遺産が、人々の生活の中で必要とされ、磨き上げられ、子孫へと継承されてきました。すなわち竹富島の文化遺産とは、島のご先祖たちが長い年月をかけてつくり上げてきたモノやコトであり、島の中の空間やそれを支える技術、生活習慣、知恵、仕組みなどが、すべてつながりあっているものであると考えます。
 しかし最近では、ことに1972(昭和47)年の祖国復帰以降は沖縄全県的に基盤となる産業が変わり、生活スタイルが多様化し、これまで当たり前にあったものに様々な変化が起こるようになりました。その結果かけがえのない自然環境、伝統文化、沖縄らしい生活様式などがどんどん失われるような状況になってきました。

 幸いにして竹富島民の性格は、進取の気性と伝統を守るという両面性をもっています。島の生き方を模索せねばならなくなった時、それぞれが情報を広く収集してはみなで夜毎論議を重ねました。そして伝統を守ることが重要だという結論に達し、島の心として守り続けてきました。これが「うつぐみ」の精神です。
 竹富島は、復帰の時点で島全体が西表国立公園(現西表石垣国立公園)の中に含まれました。1977(昭和52)年には島最大の祭りである種子取祭が、重要無形民俗文化財に指定されました。1987(昭和62)年には集落全域38ヘクタールが重要伝統的建造物群保存地区に選定され、その前年には島全体およびサンゴ礁のリーフ部分まで竹富町の保全地区に指定されました。さらに1989(平成元)年には島の特産品であるミンサーと上布が、伝統的工芸品の指定を受けました。このように人口約350人(2005年春調べ)の島が国からの評価を4つも持っています。

 大事なものとして継承してきたものが国から評価を受けることにより、自分たちがやってきたことは間違いなかったのだと、誇りと勇気が持てました。そういった『沖縄の原風景』と評価を受けたものが観光資源となり、来島者が増えてきました。来島者の増加は雇用を生み若年層のUターン、Iターンを促し、結婚や出産が相次ぎ人口の増加につながりました。しかし、島に継承されている祭事行事を滞りなく行っていくためには、まだまだ人口が足りません。
 もう一方で問題も出てきました。人口増加といいながら、島民の三分の一は島外からの移住者という現状です。そこで、竹富島の心、文化を保存継承するためには、織物技術や伝統的町並み、種子取祭を中心とした祭事・芸能の再認識の重要性に気づきました。それは同時に、意識的な新住民への啓発を必要としました。そのため、1996(平成8)年には島の文化を守ることを目標に掲げて、島内外の竹富島を愛してくれている人たちと一緒に、全国竹富島文化協会を設立しました。これまで毎年、シンポジウム・講演会・会誌の発行などを通じて、啓発活動を行ってきています。
 

このような活動を継続する中、私たちは、島の祭事行事を保存継承してきた住民自治組織でありコミュニティの核である公民館を、全国竹富島文化協会でのノウハウを生かして、具体的・積極的に支えていく必要性を感じました。そこで2002(平成14)年、「特定非営利活動法人たきどぅん(NPOたきどぅん)」を発足させました。私たちは、文化遺産の持続を可能にするのは、文化遺産そのものの保存・保全だけではなく、その継承者を育てる義務を持った現在のコミュニティを明るく元気にすることが、一番重要な目標だと位置づけています。さらに、自らを律してこの貴重な祖先からの遺産を守りながら、その価値を広く世界の人たちに知っていただくため、ユネスコの『世界遺産』への登録という高い目標を掲げました。

 現在、志を同じくする人のネットワークは内外に広がり、パートナーシップに基づきながら、具体的な活動を行っています。八重山地方でいち早く認証を受けたNPOとして、2004(平成16)年には公共施設である港の待合室『てぇどぅんかりゆし館』、西表石垣国立公園竹富島ビジターセンター『竹富島ゆがふ館』の管理運営を委託され、職員の採用による定住人口の増加にも貢献しています。島の遺産についての解説本として、「竹富島文庫」の出版も始めました。埋もれていた地域のお年寄りのずんぶん(知恵)を掘り起こして特産品の開発販売をするなど、会員それぞれの特技を活かしながら新たな活動に日々チャレンジしています。


(C) NPO TAKIDHUN Allright reserved.